【新築木造VS中古鉄骨・アパート買うならどちらが先か】不動産投資・収益物件

【twitterDM2022,1,8のご質問】
いつも分かりやすい動画ありがとうございます。
ぜんさんのYouTubeで勉強させていただき、一昨年から不動産投資をはじめました。
念願だった一棟収益物件の購入にあたり、相談がありご連絡させていただきました。
私の状況
・40代会社員+副業で個人事業主
・給与年収:650万円+副業収入200万円+賃貸収入140万円
・保有資産:区分マンション1戸(築15年)、戸建て1棟(築5年)
・金融資産:妻と合わせて現預金1500万円、株・投資信託が1500万円
・夫婦二人暮らし 所有マンション(京都)
・妻:自営業、年収300万円
今の仕事は大変やりがいがあり、できるだけ長くこの仕事を続けるつもりですが、かねてより不動産賃貸業にも興味があり、ぜんさんのYouTubeを参考に不動産投資をはじめました。
現金購入にて自宅近くの中古区分マンション・中古戸建と買い進め、それぞれで修繕とリーシングを経験し、大変勉強になりました。
また物件探しを通じて、不動産会社や金融機関とも繋がることができて、小さいながらも早く始められて良かったと実感しております。
5年以内に年間CF500万円を目標として法人設立を準備していたところ、別々の業者から下記の一棟物件を紹介され、どちらも購入基準を満たすため迷っております。
1.中古鉄骨アパート 駅徒歩6分 築30年弱 表面利回り10%以上
2.新築木造アパート 駅徒歩10分 表面利回り6%半ば 利回り 立地 接道条件が良く 妻も気に入っています
物件規模はどちらも単身向けですが、中古の方が戸数が多く部屋が小さいです。
駅はどちらも同じくらいですが、新築のエリアの方が将来性を感じます。
金融機関からは口頭レベルで回答があり、中古アパートの方は9割20年融資、新築アパートはフルローン35年融資していただけるそうで、その場合、ROI20%以上の基準を満たしています。
できれば両方購入したところですが、一時的に現預金が減るので、融資条件が変わってしまうのではないかと心配しております。
また運転資金もなくなるので、そこにはリスクを感じます。
新築物件の情報はどんどん出てくるので、新築に限っては焦らなくも良いのかなと感じております。
ぜんさんならどちらを購入するか、どういった基準で判断するのかアドバイス頂けないでしょうか?
情報が少ない中での相談となり大変恐縮ですが、何卒よろしくお願いいたします。

【プロフィール】
金融機関で10年間融資業務に携わっておりました。
大手不動産会社で投資用不動産の売買仲介営業をしておりました。
現在は大家業と投資用不動産専門の買取業者を営んでおります。
得意技は、資金調達、財務、不動産売買です。

アセット株式会社 ぜん ゆうすけ
Twitter https://twitter.com/assetzen

【不動産業者様へ収益物件買取希望です】
URL「お問い合わせ」より収益物件情報を送信頂けると幸いです。
http://www.asset1.co.jp

※弊社の買取目線は以下の通りです。
・ROI 20%〜
・1棟レジ(ALLレジ)
・1億円〜10億円
・RC
・東京駅 or 大阪駅から30km圏内(できれば25km圏内)
・駅徒歩10分以内
・新耐震基準
・グロス利回り8%以上(築年数、場所により変動)
・入居率が高い物件
・あまり加工しなくてもいい物件

上記の通りですが、利回り15%以上なら
違法物件でも鉄骨でも木造でも旧耐震でも金額小さくても区分でも購入検討します。

【ご注意】
不動産仲介・融資斡旋・個別相談・コンサルを一切行なっておりませんので、お問い合わせはご遠慮くださいませ。

【関連動画】


































































































https://youtu.be/sIFgNNJNdIQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です