【融資が通りやすいのはどちらか?融資係VS渉外係】不動産投資・収益物件

【twitterDM2021,12,24のご質問】
ぜんさん、いつも有料級の動画ありがとうございます。
新規開拓に成功した金融機関で、「融資係」の方が私の担当になって頂きました。
初めて飛び込んだ際に融資相談の窓口になって頂いた方です。
とても仕事の出来る方で、物件購入資金8,000万円の融資を割とスムーズに通して頂きましたが、最近その方は異動してしまいました。
後任の担当者の方も「融資係」の方です。
「得意先係」のほうが目標営業数字も大きく、融資には積極的になって頂けるような気もする一方で、「融資係」が担当者であるほうが審査の過程で有利なのかと思ったりもします。
実際この辺り如何なのでしょうか?
金融機関の支店における役割や内部事情など教えて頂けますと嬉しいです。
どうぞ宜しくお願い致します。

【プロフィール】
金融機関で10年間融資業務に携わっておりました。
大手不動産会社で投資用不動産の売買仲介営業をしておりました。
現在は大家業と投資用不動産専門の買取業者を営んでおります。
得意技は、資金調達、財務、不動産売買です。

アセット株式会社 ぜん ゆうすけ
Twitter https://twitter.com/assetzen

【不動産業者様へ収益物件買取希望です】
URL「お問い合わせ」より収益物件情報を送信頂けると幸いです。
http://www.asset1.co.jp

※弊社の買取目線は以下の通りです。
・ROI 20%〜
・1棟レジ(ALLレジ)
・1億円〜10億円
・RC
・東京駅 or 大阪駅から30km圏内(できれば25km圏内)
・駅徒歩10分以内
・新耐震基準
・グロス利回り8%以上(築年数、場所により変動)
・入居率が高い物件
・あまり加工しなくてもいい物件

上記の通りですが、利回り15%以上なら
違法物件でも鉄骨でも木造でも旧耐震でも金額小さくても区分でも購入検討します。

【ご注意】
不動産仲介・融資斡旋・個別相談・コンサルを一切行なっておりませんので、お問い合わせはご遠慮くださいませ。

【関連動画】



























































































https://youtu.be/sIFgNNJNdIQ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です