【不動産賃貸業と宅地建物取引業・法人を分けるべきか?】不動産投資・収益物件

0

【YouTubeコメント欄2020,12,3のご質問】
いつもとても勉強になる動画ありがとうございます。
現在、宅建業者免許の取得を考えております。
そこでお伺いしたいのですが、ぜんさんは不動産賃貸業メインの資産管理会社と宅建業の不動産会社は分けられていますでしょうか?
私は宅建業者免許を既にある不動産賃貸業の会社で取得するか、新たに法人を立ち上げて取得するか、どちらが良いか非常に迷っております。
宅建業者免許を取得する目的としては、自ら売主や買主となって売買を継続的に行うためで、仲介業務をする予定は全くありません。つまり買取業者のイメージです。
短期的に考えれば現在の会社で宅建業者免許を取得する方が融資も受けやすく、運転資金も厚くなると思いますが、長期的視点では不動産賃貸業の資産管理会社、売買メインの宅建業者免許のある不動産会社と分けるべきなのでしょうか? 
宜しくお願い致します。

【プロフィール】
金融機関で10年間融資業務に携わっておりました。
大手不動産会社で投資用不動産の売買仲介営業をしておりました。
現在は大家業と投資用不動産専門の買取業者を営んでおります。
得意技は、資金調達、財務、不動産売買です。

アセット株式会社 ぜん ゆうすけ
Twitter https://twitter.com/assetzen

【不動産業者様へ収益物件買取希望です】
URL「お問い合わせ」より収益物件情報を送信頂けると幸いです。

あわせて読みたい
アセット株式会社収益物件の買取・保有のアセット株式会社

※弊社の買取目線は以下の通りです。
・1棟レジ(ALLレジ)
・1億円〜10億円
・RC
・東京駅 or 大阪駅から30km圏内(できれば25km圏内)
・駅徒歩10分以内
・新耐震基準
・グロス利回り9%以上(築年数、場所により変動)
・入居率が高い物件
・あまり加工しなくてもいい物件

上記の通りですが、利回り15%以上なら
違法物件でも鉄骨でも木造でも旧耐震でも金額小さくても区分でも購入検討します。

【関連動画】














https://youtu.be/JiFOmaPNBW8




































































































https://youtu.be/pPJ1hFjjBEY


















https://youtu.be/BMrMYBxmKCQ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる