2020年 東京23区の不動産価格と相場の推移、買い時はいつ?【前編】

高騰する不動産価格や不透明な先行き、いったいいつ不動産を購入するべきか気になりますよね。過去の不動産価格の推移とともに日経平均株価、金利、マネタリーベースの観点から紐解きます。

※1:05前後で「景気が低迷すると金利が上がります」と説明しておりますが、正しくは「景気が低迷すると金利が下がります」です。
リーマンショック後の水準と比較してお話ししようとしたところ景気が低迷すると金利が上がると間違った説明をしてしまいました。大変申し訳ございません。

2020年 東京23区の不動産価格と相場の推移、買い時はいつ?【前編】

2020年 東京23区の不動産価格と相場の推移、買い時はいつ?【後編】

「購入VS賃貸」どっちがお得? キャッシュフロー編

「購入VS賃貸」どっちがお得? 市場データ編

「購入VS賃貸」どっちがお得? ライフプラン別編

KIZUNA FACTORY 公式サイトはこちらから

トップページ

稲垣慶州(紀人)@KIZUNAFACTORYのTwitterはこちらから

東京不動産大学のTwitterページはこちらから

東京不動産大学のfacebookページはこちらから
https://www.facebook.com/tokyofudousandaigaku/

#不動産価格 #日経平均株価 #マンション購入

2020年 東京23区の不動産価格と相場の推移、買い時はいつ?【前編】」への1件のフィードバック

  1. あいうえお

    アホな質問だったら申し訳ないんですけど、景気が悪くなったらどうして金利が高くなるんですか?
    マクロ経済的には金利が下がるはずなので現実との違いが知りたいです

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です